エコペンとは?

エコペン!(エコロジーペンギン)

・光合成ができるペンギンのような生物

・なんでもたべる

・水と光があればどこにでも生息

・人間の食べ物に興味がある

・環境や食べ物、育て方で色や葉が違う

・大小様々でいろんな種類のエコペンが存在する


エコペン図鑑

まだまだ発見されてないエコペン・日々の生活で変化しているエコペンはたくさんおります。新しいエコペンが発見され・生態が分かり次第、どんどん追記していきたいと思います。

一般的にエコペンといったらこの子。土の中からひょっこり出てきたり、観葉植物のように、鉢に入れて育てられたり、どこにでもいる。

水辺や水中を好んで生息する。池などで泳いでいたり、金魚鉢で、金魚と一緒に育てられたりもする。頭には水草が生えている。

花が多い場所を好む。花壇(花の咲く鉢)や花瓶の近くで育てるととても喜ぶ。頭にはお花が咲いている。


果物が大好きで果樹やフルーツ畑の近くに生息する。エコペンの中では活発なタイプ。出荷箱や売り場に紛れ込むことも。

畑など野菜の近くでのんびりしている。野菜の肥料の影響かツヤツヤでどっしり、性格はのんびりした子が多い。間違えて収穫される事も多い。

生まれたてのエコペン。頭には基本何も生えてないが、綿毛が生えているタイプは遠くへ飛んでいき、住む場所を決める事ができる。


人間のおやつの味を知ってしまったエコペン。一度味を占めるとつまみぐいが多くなる。食べきれなかった部分を持ち帰る習性があり、ケーキの残りのクリームと苺を頭にのせている様子。

河童にあこがれていたエコペン。環境などに影響を受けて変化するエコペンなので、もしかしたらどこかで河童に会ったのかもしれない。メロンパン背負ってるみたいとよく言われる。

たこ焼きの味を知ってしまったエコペン。一番大好きなのは中のタコ。周りの生地部分も食べるけど、着てみたらなかなか快適だったので非常食兼スーツとして着用。


海老が好きなエコペン。海老だけを食べすすめてるうちにフライの中に入り込んでこうなった。皿の上に居るのでよく食べられそうになる。ピンチの時はぬぎすてて逃げる。

エコペンが本や環境に影響されてメンタルがダウンしてしまってる状態の事をオオアと呼び、鳴き声もオオアである。生みの親:めきさん

詳細はこちら

http://privatter.net/p/1675568

とある家でエコペンと一緒に飼われているにゃんこ。エコペンがつまみぐいや脱走をしないように見張っている。遊び相手でもあり、一応なかよし。捕食はしない。たぶん。


エコペンの中でも気が弱く、おいしいものも、日当たりのいいばしょも、他のエコペンがいたらゆずってしまう。やさしい。

元はオレンジタイプで、木の上で元気に暮らしていたがはっちゃけすぎて落ちた。落ちた先のざっそうに影響をうけたが、また木の上に戻ろうと頑張る。

ごはんが大好きなエコペン。収穫時期の田んぼや、米俵のまわりで遊ぶ。炊いたごはんがすきなので、おにぎりや白米をあげるとよろこんでたべる。


松に影響された松エコペン。殿っぽい。ちょっとえらそう。お庭でのトップ争いレースにてよく火花を散らす。

トウモロコシが大好きなエコペン。トウモロコシが生える時期に現れる。生より茹でたり焼いたりしたトウモロコシのが美味しいときづいた。

ぶどうが実る時期にあらわれる。ぶどうはもちろん、ワインや加工品も大好き。他のエコペンより上品…と自分で思っている。


桜の時期に現れるエコペン。木の上や木の下でお花見したりおだんご食べたり、とにかく花見を楽しむ。

クローバーエコペンの中でもレアな四つ葉のクローバーエコペン。このエコペンをみつけたら幸せになれそう。

麦製品が好きな麦エコペン。パンとか粉からつくられる食べ物が大好き。畑というよりはパン屋に多そう。


穀物エコペンず。穀物王国岩手でよくみられる。穀物を使った食べ物が大好き。

白いクロクマ、スピリットベアのしろくまさん。山に生息するエコペンと仲良がいいが、エコペンの扱いは豪快。

日に当たらずひきこもり…夜行性で育ったエコペン。太陽に恋い焦がれるが、お外はこわい。日に当たるようになると緑になる。